クラミジアが不妊の原因になりうる!

クラミジアは、性行為で感染します。
子宮頸管から卵管に、最終的には骨盤内まで感染します。
女性はその80%が無症状なため気がつきにくいのです。
骨盤内まで感染すると細菌性骨盤膜炎にな。
強い下腹部痛や成功痛、発熱がおこり、救急外来を受診することにもなりかねません。
クラミジアは子宮頸管で感染すると、必ず治療が必要です。
妊娠時に胎児にも感染して奇形や先天的な疾患になります。
卵管内に感染が及ぶと、卵管内にある、子宮まで卵子を送る繊毛を壊すので卵子がそこにとどまることになります。
そうすると、卵子が子宮まで運ばれなくなって不妊の原因になります。

また、卵管内で受精して着床して成長すると卵管破裂がおこります。
こうなると流産、卵管がうまく戻らないと機能が失われてしまいます。
感染に気づいたら早期に治療が必要なのはこのためです。
治療は飲み薬です。
下痢に悩まされる女性抗菌薬なので下痢やお腹の不快感といった副作用があります。
もちろん、パートナーと一緒に治療しないと効果はありませんので、パートナーにもクラミジアのことを知ってもらわなくてはなりません。
最近は抗菌性のクラミジア菌も出てきているようで、新薬の開発が進められています。

クラミジアは自然治癒するの?

クラミジアは目立たない性病と言われています。
クラミジアによる性病が注目されだしたのは、ここ20~30年と最近のことです。
それ以前は淋病や梅毒など、激しい症状がでる性病の影に隠れた存在でした。
その理由は症状が弱く目立たないからです。
それでも、放置されたクラミジアの長期感染で、男性では性器や尿道の違和感、女性では下腹部の慢性痛、不妊など重い症状となることがあります。

クラミジアを放置するとどうなるのか、症状がでにくく、男性の50%、女性の80%は症状がでません。
感染の初期として男性は尿道炎になり、女性は子宮頸管炎になります。
この段階で発見できれば治療は1~2週間、通院も検査を含めて3,4回で済みます。

クラミジアは自然治癒するのかというと、アメリカの研究でクラミジアに感染した人のうち45%が1年で自然治癒、95%が4年で自然治癒したとあります。
クラミジアは普通の抗生物質で治ってしまうこともあるので、風邪薬などを飲んだ時にクラミジアが治ってしまった可能性があります。
しかし完全に自然治癒するとはまだ言い切れないのが現実で症状が出ている場合は悪化して進行しないためにも早い段階で治療を受ける事が推奨されているようです。