抗真菌薬とはどういう特徴がある薬?

抗真菌薬とは、真菌を殺す薬のことです。
では真菌とは何かというと、細菌より大きく高等な生物のことです。
抗真菌薬身近な例でいうと、「カビ」「キノコ」「酵母」などが挙げられます。
ですから、真菌は非常に身近な物なのですが、中には人体に悪影響を及ぼす物もあります。

例えば、「水虫」です。
これは、真菌による感染症である「真菌症」の一種です。
真菌症のうち、感染が角質や皮膚の表面で止まっている物は「表在性真菌症」と呼ばれます。
これに対しては、皮膚の表面にある真菌を除去すればよいので、塗るタイプの抗真菌薬が使われます。
爪や皮下組織にまで感染が広がっている物は、「深在性皮膚真菌症」と呼ばれます。
これは、塗るタイプでは治療が難しい場合が多いため、飲むタイプが使われます。
内臓にまで感染が広がっている物は、「深在性真菌症」と呼ばれます。
抗がん剤を使っているなど、免疫力が低くなっている人に起こりやすく、これに対しては飲むタイプか点滴するタイプが使われます。

そして、抗真菌薬には「ポリエン系」「アゾール系」「キャンディン系」という種類があります。
ポリエン系には、真菌の細胞膜を壊すという働きがあります。
真菌の細胞膜が壊れると、細胞内にあるべき成分が流出し、結果として真菌は滅びます。
アゾール系には、真菌が増えるのを防ぐという働きがあります。
真菌の細胞膜を作るには「エルゴステロール」という成分が必要ですが、この成分が作られるのを妨げることで、真菌は増殖できなくなります。
キャンディン系には、真菌の細胞壁の合成を防ぐという働きがあります。
細胞壁は、「グルカン」という成分が連なってできているのですが、その構造が構築されるのを抑えることで、細胞壁を消すことができます。