日本で主流になりきれていない感染症予防接種

感染症には、軽い症状のものや一度かかると重篤な症状になるものまで多くのものがあります。
これらの感染を未然に防ぐ方法として予防接種があります。
予防接種予防接種とは、原因となるウイルスなどを弱毒化したり不活化したものを体内に入れ、病気に対する免疫をつくっていくものです。
人間は生まれて一年たてば母親からもらった免疫がなくなるため、一歳になる前に予防接種を始めていきます。
どのような感染症があるかというと、まずジフテリアです。
これはワクチンの普及により患者はほとんどいない病気ですが、かかるとのどに炎症が起こることで気道をふさぎ、最悪の場合死に至ることもある恐ろしいものです。

次に百日咳といわれる感染症です。
これは非常に感染力が強いもので、風邪のような症状と咳が続き、赤ちゃんなどでは死に至る場合もあります。
少ないですが大人にも患者はみられます。
また破傷風という菌による感染症もかかると重篤な症状を引き起こす感染症です。
傷口などから菌が体内に入り、けいれんや麻痺を引き起こします。

ポリオという感染症はウイルスによって引き起こされる病気で、重症になると麻痺が起こり、運動機能に障害が残ります。
ジフテリアと百日咳、破傷風、ポリオの四つの感染症を防ぐワクチンが四種混合ワクチンです。
これを生後三カ月から4回接種します。
子どもの頃の予防接種で防ぐことのできる感染症はほかに、水ぼうそうや麻しん、風しんなどがあります。

水ぼうそうは感染力が強いので保育所などで大流行がみられることがあります。
熱が出て水ぶくれができます。
症状自体は軽いですが合併症を引き起こすこともあり注意が必要です。

麻しんは感染力が非常に強く重症化することで知られています。
妊婦などが感染すると胎児に障害が出る場合もある恐ろしい病気です。
風しんも体に発疹が出たり熱が出たりしますが。
麻しんほど重篤になることは少ないです。